アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「名もない絆」のブログ記事

みんなの「名もない絆」ブログ


誕生が2つ

2014/05/29 22:59
画像



横浜アリーナで、世界中からトップアーティストが集まる年越しイベントがあります。
今年で10年目の開催。

そこに今年18歳になる、一人の少年がライブを見にきていました。
彼は、小さい頃にご両親が離婚し、お母さんとはずっとあっていません。
お父さんは良く言えば厳しく厳格。
でも実際は暴力が絶えない人です。
少年は常におびえ、精神的に不安定。自分の将来に全く希望がありませんでした。

ライブも終盤になったところで、ステージにたっている女性シンガーが話しだしました。

 「5年前、ただのOLでした。。。
でも今は、みなさんの応援のお陰で、ビルボードのTOP5に入る事ができました。
本当にどうもありがとうございます!

実は私は、子供の頃から、家庭環境が悪く、両親が喧嘩ばかりの毎日で、私は常に悲しい気持ちの中、暗い顔をして育ちました。

でもあるとき思ったんです。『これではいけない!』って。
私だけじゃなく、命あるもの、みんな笑顔じゃなくちゃいけない!
だからその為に『昔から好きだった『歌』で、みんなを笑顔にしよう。』と決意したんです!

ちょうどその時、友人が面白いからおいでよ、って誘ってくれて
はじめて「ゆるカラ部(http://yurukara.com)」へ参加したんです。

何回か「ゆるカラ部」に参加したあと、
勇気を出して『紅白歌合戦( http://yurukara.com/archives/3754/ )』に参加したんですね。
そしたら、なんかちょっと自信がついて、それで本格的に音楽の勉強を始めました。

頑張ってレッスンをしていたら、先生が「16thパーティー( https://www.facebook.com/events/459731994163851/ )に遊びにおいでよ」って声をかけてくれたんです。
何がなんだかわからずも、参加してみたら、とっても楽しくて、気づいたら、そのステージで歌ってましたww

それからは、自分でも何がなんだかわからないのですが、
その歌で『海外配信デビュー』をさせてもらえる事になり、さらには海外で凄い評価して頂く事になり。。。
今、こうして、ヨーロッパツアーを終えて、このステージに帰ってきました!
なんていうか、、、

自分の夢は、必ずかなう事、皆さん忘れないでください!!!」


その話しを聞きていた少年は、入口でもらった「ゆるカラ部」と「FLYJAM『16th Party』」のフライヤにあらためて目を通していました。

「うん。僕も、みんなを笑顔できるかもしれない。僕も夢を実現させる事ができるかもしれない!」

そんな経緯があり、少年は「ゆるカラ部」に参加をする事にしました。。。

それから数年後、MTVの特集で少年はインタビューを受けていました。
それも世界のトップシンガーとして。

そして少年に1通の手紙が届き、少年は笑顔に満たされます。

送り主は、ずっと会う事ができなかった少年のお母さんから。
お母さんは、偶然その少年のインタビューをテレビでみていたのでした。

「歌声で世界をつなぐ」

*******************

このお話は、尾飛の妄想ですww
失礼しましたm(__)m

でも、そんな夢のような事を実現する為に、
6月に新会社を設立します。

社名は「(株)ダイアモンド・ミュージック・ツアー」
テーマは「歌声で世界をつなぐ」

なぜ、この会社を作る事にしたか。
理由は3つあります。

  1:尾飛自身、若い頃に多くの方から「お前は才能がないから、音楽をあきらめろ」と言われ続けたが、今こうして音楽で生活している。だから、これからの若い人たちには周りの意見に惑わされず、自分を信じて自分のやりたい事で生きていけるように応援しよう、と思っている。

  2:尾飛の人生で、会いたくても会えない人との、辛い別れがありました。(恋愛じゃないですよ^^)だからこそ、『歌』で離ればなれになった人と人が、つながれる大事さを感じています。

  3:尾飛は、10年間信じて多くの事を学んだ方がいますが、最終的にうまく利用され だまされ 裏切られ、数千万の負債を押し付けられました。そんなどん底な自分を救ってくれたのが、やっぱり『歌』でした。

だからこそ、
  1:音楽と歌声を通じ、世の中の、差別、いじめ、才能への失望、落ち込みなどをなくして、笑顔でいれる未来を作ろう。
  2:みんなが自分の想いを自分の歌に乗せ、それを自分で歌うことで大きな自信が持てるようにしよう
  3:音楽と歌声を通じ、生きる為のヒント、生きる為の喜びをみんなで学び、日々明るく楽しく生きていけるようにしよう。
という想いが明確になり、これがこの新会社の3つの使命となりました。

この「(株)ダイアモンド・ミュージック・ツアー」では、私が20年間ずっと考えて準備してきた事を現実にします。
人も動物も涙を流すような世界はあってはなりません。

その為にも「歌声で世界をつなごう」と、この会社を作る事を決意しました。

この「(株)ダイアモンド・ミュージック・ツアー」には3つのプロジェクトがあります
   1:プロダクション的機能…「FLYJAM creative agency」
   2:音楽制作プロジェクト…「KIZAMI music factory」
   3:レッスンプロジェクト…「Diamond Voice Music School」
現在、素晴らしい仲間と一緒に、このプロジェクトが動き始めています。

そしてこれらの活動によって得られた収益は、将来的に社会福祉の為の資金にしていく予定です。
社会福祉活動としては、
   ・震災で被災した方への復興応援活動
   ・離婚や事故などで両親を失った子供達への支援活動
   ・体に不自由のある方への支援活動
   ・世界中で貧困や難病で苦しんでいる方への、支援活動
などなど、あげたらきりがないですね。

今日は、私の43回目の誕生日。
多くの方から、お祝いの連絡やメッセージを頂き、心から感謝しております。
どうもありがとうございます。

しかし、その一方でも悲しい夜を迎えているかた、大病の為に10時間に及ぶ大手術を受けている方、
そしてそれを心から心配している方がいる事を、私は忘れる事ができません。

この人生の節目の日に、こうして私のあらたな決意をご報告させて頂くと同時に、
多くの方の幸せを心から祈っています。

「奇跡は何度でも起きる」

そう、私たちには自分の想像を超える、素晴らしい力があるに違いありません。
そして音楽にはそれを引き出す魔法の能力があります。

その魔法が多くの方に届けられるよう、今後も一歩一歩あゆんで参ります。
今後もよろしくお願い致します。

2014.5.29
尾飛良幸

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


復興応援イベント「プロジェクト名もない絆」

2014/02/14 19:02
画像


「共に力を合わせ復興しよう!」
〜3年前のその記憶は「名もない絆」のメロディーと共に私の心の中にあります〜
https://www.facebook.com/events/261089937393849/261092090726967/?notif_t=plan_mall_activity

今年で震災から3年。
復興応援ソング「名もない絆」をたくさんの方と歌い、合唱し、情報や想いを共有する事で、
引き続き被災地を応援するイベントを開催します。

復興支援活動や実際の復興活動での風化がささやかれている中、引き続き被災地の方々を応援しよう、と活動を続けます。

歌が苦手でも大丈夫ですよ。
親切指導しますので安心してくださいね^^

<主なイベント内容>
・黙祷
・被災地からのメッセージ
   &みなさんの復興応援活動近況報告と紹介
・これまでの名もない絆の活動報告
・「名もない絆」の合唱練習&全員合唱

という感じで、とにかく「名もない絆をみんなで歌う」事を中心に被災地を応援しようと考えています!


☆参加費:2000円(ドリンク、フード別ですが、スナックがついてます。)

 →このうち50%の1000円を寄付金させて頂きます。
  残りの代金を会場代にさせて頂きますが、
  会場側からも寄付金を頂いております!

☆開催日時:
  3月16日(日)13時30分開場。14時開演。

☆会場:
ライブハウス「ラヂヲデイズ」
東京都世田谷区若林1-17-3 B1

http://www003.upp.so-net.ne.jp/kei_music/radiodays.html

☆お申込:
 下記参加申込サイトからお申込下さい。
   https://docs.google.com/forms/d/148nBd6iTo3SQCP1RUZdm1vTQ1Pw77Si8ewvatz8xi3U/viewform

☆当日ご参加くださる方は、下記ページからカラオケと楽譜をご覧頂き、メインボーカルだけでも歌えるようにしておいて頂けるととても助かります^^

[音源]
http://namonaikizuna.net/?page_id=176
[楽譜]
http://namonaikizuna.net/?page_id=163

[名もない絆 元歌]
http://www.youtube.com/watch?v=sKVYxCpzn8o


これからの復興応援活動を続ける意味でも、たくさんの方のご参加お待ちしております!
よろしくお願い致します!!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


12月7日お祝いレクレーション活動のご報告

2013/12/16 00:28
12月7日お祝いレクレーション活動のご報告が遅くなりまして申し訳ございませんでした。
お陰さまですべての計算と残務処理が終わりまして、ここに今回の「お祝いレクレーション活動」が大成功に終える事ができた事を、お礼申し上げます。
どうもありがとうございました。

まずは、たくさんの皆様からご協力頂きました、カンパ金についてのご報告です。

お預かりしたカンパ金合計は
\97,815-

そのうちから、仮設住宅へお渡しできた寄付金額は
\44,000-

さらに、「コラボ・スクール」として被災した子供達に勉強を教える活動をされている
「NPO法人カタリバ」への寄付金額は
\4,000-

そしてこの「お祝いレクレーション活動」の今後の活動の為のプール金として
\16,515-

その他必要経費などは、下記の表にまとめさせて頂きました。
画像


本当に、どうもありがとうございました!

****************************

さて、いったいどんな結婚式だったのか!
まずは、新郎新婦をご紹介します^^

新郎の「かずくん」と新婦「TOMOさん」です!

画像


お二人ともとても幸せそう!!^^

そして、この会場は仮設住宅の集会場です。
新郎新婦のお二人は、もちろん被災地の方ですが、
仮設住宅には住んでいらっしゃらないんですよ。

実は、この仮設住宅でおなじみのキャラクター「おのくん」が縁で、二人は結ばれたとか。
それゆえに「二人の思い出の仮設住宅で結婚式をあげたい!」という事になったそうです。
画像



さてさて、舞台となります結婚式会場ですが、お友達の皆さんで協力して、手作りのこんな式場になりました。(よく見ると、新郎も飾り付け手伝ってますww)
画像


そして、みんなで持ち寄ったお食事。
画像


特性のスペシャル6段積みケーキ!!
画像


そして、おのくんに囲まれて愛のこもった「welcomボード」
画像


さらには!友人の方が作ってくれた手作り指輪!(ミニおのくん仕様)
画像


極めつけはこれ!ご友人の皆さんが用意してくれました「ウエディングドレス!!」
(なぜか武田さんが。。ww)
画像



もう、どれからどれまで全部みんなで手作りで、愛!愛!愛!にあふれた会場&式でした。
画像



でもね。実は新婦のお母様、ずっと泣いてたんです。
「ほんとに、娘に何もしてやってあげられなくて、申し訳ない、申し訳ない。。。」って。。。
画像


聞けばお母様、おんなでひとつで4人の子供を育ててきたとか。。
「もう、食べさせる事だけで、必死だったから。。」

そんな中、震災もあり、どれだけ大変だったか。
それでもこうして、幸せな結婚式を向かえる事ができて、ほんとによかった^^
画像


さてさて、結婚式には新郎新婦のご友人もちろん、仮設住宅にお住まいのおばあちゃんや、お母様方もたくさんお祝いにお越しいただきました^^
皆さん口々に「よかった。よかった。とても楽しい結婚式だったよ〜」と、笑顔が絶えませんでしたねえ。
画像



最後は、この地方恒例のお祝いの「餅まき!」
これは凄かったねえ。とくにおばあちゃん!ww
最前列で、大騒ぎの大笑いでお餅の獲得合戦でした^^
そしてなぜかサンタが!ww
画像


画像


画像


*********************

さてさて、私たち「お祝い音楽レクレーション活動チーム」についてのご報告ですね^^
まずは、メンバー紹介!

左から、
被災地に自ら住み、復興支援の活動を続けおり、今回仮設住宅と新郎新婦とご友人と私たちの4チームの仲介役をして下さった、新城さん!!

そして、仮設住宅キャラクター「おのくん」を作っているお母さんがたのリーダーの武田さん!!
そして私ww
お隣が、今回大活躍でした、往復12時間の道のりを、運転してくださったドライバーのお一人、そして、車も出してくださった、宮澤さん!!

そのお隣は、今回のメインキャスト!新郎新婦をより一層美男美女へと磨き上げて下さった、スーパーヘアメイクさんの田中裕子さん!

そして田中さんのお隣が、なんと!その田中さんの旦那様の森さん!^^
森さんもドライバーとして、あの12時間を運転して下さいました!超優しい方。

という、スーパーチームww
画像


さあ、まずはヘアメイクです!
なんといっても、道具の量が凄い!こんなにあるの!?
画像


そして早速メイクが始まりました!
画像


さらに、式の間もササッと新婦に近づいては、ちょっとお直し。
これはさすが現場経験が長いだけあって、もうさすがとしかいえません!
画像


こんなに奇麗な新郎新婦^^
式の最初で若干緊張気味。新郎の眉も奇麗に整ってます。
画像



さて、尾飛はといいますと、
まずは会場の撮影と、突撃インタビュー^^
(インタビューは後日動画にくっつけてアップ予定です)
画像


そして何より「音楽レクレーション活動」ですから、歌うたわないとね^^
この日の為に、制作したオリジナル楽曲「優しい風」を、サプライズプレゼントさせて頂きました。
この歌の歌詞、実は途中の部分は、当日新郎新婦と一緒に考えて作ったんですよ^^
なので、3人の共作となりました。
画像


その音源はこちら!



<歌詞>
画像


最後は、なんと!先ほどの新婦のお母さんが3曲熱唱!
これがまたプロ並みな上手さ!
圧巻でしたよ〜。
このカラオケセット一式も、今回の「お祝い音楽レクレーション」のお祝い活動の一つ。
いつでもどこでも、このセットでカラオケできちゃいますから、これからまたお呼ばれしたら、これもっていきますよ^^
画像



そして、これが肝心。
皆様からお預かりしたお金も、こうして無事仮設住宅のお母様方にお渡しする事ができました。
これから寒い冬がきますので、その準備の為に必要なものに使われるようです。
よかったよかった。
ちなみに、今回はドライヤーやらスピーカーやらで、とても仮設住宅の電気をたくさん使わせて頂いたので、その電気代もお渡ししてありますので、ご安心くださいね^^
画像


あ!そうそう。
結婚式出発前に「ぜひ、おのくん買ってきて〜〜!!」と、オーストラリアから熱烈ラブコールを頂いておりました^^
なので、お約束通り無事4人のおのくんをゲット!
数日前に、日本からオーストラリアへ旅立ってくれました^^
画像



という事で、終止笑いの絶えない素敵な結婚式な一日となりました^^
本当に新郎新婦のお二人、末永くお幸せに^^
そして、仮設住宅の皆さん、いつまでも応援しております!

*****************************

こうして無事に「お祝い音楽レクレーション活動」の第一回目を大成功とさせて頂く事ができました。
どうもありがとうございます。

さて、これが終わりではありません。
これがまさに「始まり」
震災直後、復興応援ソング「名もない絆」を発表していらい
「10年続ける応援活動」を目標に掲げました。
そして今震災から間もなく3年。
つまり、この「お祝い音楽レクレーション活動」はこの先7年は最低でも続けます。

今回の活動をきっかけに、仮設住宅にすむ多くの方にこの活動を知って頂き、そしてたくさんのお祝いをお祝いしていきたいと思います。

実はすでに次の仮設住宅結婚式の相談がきております。
まだ、きちんと着地できるかわかりませんが、もしまたお祝いに駆けつける事ができるようならば、
また皆様に様々な面で、ご協力をお願いしてしまう事になってしまうかと存じます。

できる範囲で全然かまいませんので、どうか是非是非、お力をまた貸して頂けませんでしょうか。

被災地を応援し続ける。
被災地をけして風化させない。

その想いひとつで、また一から頑張りたいと存じます。
これからも、よろしくお願い致します!

http://namonaikizuna.net

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


12月7日お祝いレクレーション活動の詳細です!

2013/11/11 17:57
画像



12月7日の「お祝い音楽レクレーション活動」を必ず実現させるために、
カンパ金によるみんなの力をお借りできませんでしょうか!m(__)m


**********
この「お祝い音楽レクレーション活動」は、仮設住宅へ尾飛からのこんな相談から始まりました。

「私達アーティストが、カラオケ大会やオリジナル楽曲制作、そしてヘアメイクサービスなどで、被災地の方々のお祝い事を応援させて頂きたいのです。
仮設住宅でどなたか結婚式や出産祝い、還暦の祝い等お祝いごとなどありませんか?」

するとしばらくして、
「12月7日被災地である宮城県の仮設住宅にて、結婚式がありますよ!」
という連絡を頂きました!
(※お祝い事とはいえ、仮設住宅の名称や詳しい場所などは、住んでいらっしゃる皆様全員から了解を得ている訳ではございませんので、申し訳ありませんが伏せさせて頂きます。ご了承下さい。)

そんな素晴らしい機会があるなら、ぜひ「お祝い音楽レクレーション活動」として被災地の応援をさせて頂きたい!
というお願いを了承して頂き、今回この企画がスタートしました。

その12月7日に結婚式をあげられる新郎と新婦は、かずくん36歳とTOMOさん34歳というお二人!
(※お名前はご本人のプライバシー保護のため、ニックネームでの表記とさせて頂いてます。ご了承ください。)
おめでとうございます!

お二人とも非常によく似た環境で育ったという境遇をお持ちで、だからこそお互いの気持ちが通じ合えたそうですよ^^
二人の出会いは、5年前。
山形の薬師堂の桜の木の下で、知り合う。なんてロマンチック!ww
その話だけでも3曲くらいできそうww

実は現在、お二人は今回結婚式をあげる仮設住宅には、住んでいらっしゃらないのです。
では、なぜそんなお二人が仮設住宅で結婚式をあげるのか?

仮設住宅とふたりを繋いだキューピットが、なんと仮設住宅で生まれた「おのくん!」だったんです。
あ、「おのくんってなに???」って方に、少々おのくんについての解説を^^

おのくんは、宮城県の仮設住宅の方々が住んでいらっしゃった地域の復興を願って生 まれたキャラクターです。

これまでのゆったりとした暮らしから一変、被災し 先の見えない状況のなかで、さまざまな困難に立ち むかいながら、「めんどくしぇ」とぼやきつつ、日々 前向きに、あたらしい未来を自分たちの手で築いて いこう、という思いが込められています。

元祖は、支援者がおしえてくれた、米国の貧しい労 働者階級のおかあさんが、子どもにプレゼントする ために、おとうさんの靴下を改良したソックモン キー。そのかわいさに惚れこんだ小野のおかあさん たちも、おのくんをひとつひとつ手縫いしています。

実は新郎新婦のお二人がこの「おのくん」のファンだったんですね〜。
しかも、お二人の結婚もおのくんがきっかけとのこと!
だからこそ、思い出深い仮設住宅で結婚式をあげさせてほしいという事になったそうです。
この辺のお話、結婚式当日にぜひご本人に、あれこれ聞いちゃいたいですね〜ww

さて、その結婚式で「お祝い音楽レクレーション活動」は何をするのか?!
現在、以下の内容をプレゼントしようと思っていますが、実はこれ新郎新婦にはすべてサプライズなんです!

☆サプライズその1:わたくし尾飛と、ヘアメイクの田中さんにがその日登場します。
あ、田中さんは以前から大変お世話になっているプロのヘアメイクさんなのですが、もうヘアメイク業界ではずっと大活躍の大ベテランです^^

☆サプライズその2:ヘアメイクの田中さんが、新郎新婦にヘアメイクをして、キラキラにしちゃいます^^
☆サプライズその3:尾飛が、披露宴でお二人の為の結婚お祝いオリジナルソングをその場で作ります!
☆サプライズその4:会場に集まった皆さんと、お祝いカラオケ大会をしちゃいます。

そしてここから先は、もし可能ならばという事なのですが、、、
☆サプライズその5:結婚式で花嫁といえばやっぱり!?っという◯◯をお届けしたい、と考えています。
さあ、◯◯ってなんでしょうか〜^^

全部でうまくいけば5つのサプライズ!!!
これはかなりお祝いムード高くなりそう〜〜^^

そこであらためて、お願いがございます。
つまりこのプロジェクト全体に、皆さんからのカンパをお願いしたいんです。

プロジェクト全体、つまり「お祝い、パーティ、ライブ、カラオケ大会」などなどを全部ひっくるめてが、ひとつのプロジェクト。
お願いしたいカンパ金は、これら全部をひっくりめた内容へのカンパなんです
そして、お預かりしたカンパ金から、開催場所である仮設住宅に、義援金もお渡ししたい!とも考えております。


********

さてこのお預かりしたカンパ金についてでうが、
大変申し訳ございませんが、アーティストの交通費と、ヘアメイクの材料費、そして今後の同じ活動で、お金が集まらなかった時の為のプール金だけは、お預かりしたカンパ金から使わせて頂きます。
具体的なお金の使い道ははこちら↓に書きました。
http://conception.at.webry.info/201311/article_1.html

でもね、実は正直こう思ってるんです。
本当に、カンパ金なんて、大変恐縮なお願いですよねえ、、、><
しかも、交通費そこから頂くとかって、、、
凄く申し訳ない気分でいっぱいなんです。。
ほんとなら、自分で思いついた企画なんだから、自分の金でやれよって、ともおもっているんです。
もちろん、もし今回の1回だけの企画ならだったら、自分で持ち出ししてやろう!って全然当然って思ってます。

でも、この活動をやっぱりこの先10年、いろんな仮設住宅や施設などで続けていき、被災地を応援したいと思ったんです。
だから、今後もこの応援活動を続けるには、ずっと交通費とか材料代とかを自分で持ち出しするのは、正直ちょっと辛いし、ずっと持ち出しだと、この先10年続けられないって思ったんです。
なので、ほんとに無理を承知で、皆さんからのカンパ金をお預かりして、そこから、交通費と材料費だけ、使わせて頂こうって思ったんです。

申し訳ございません。。><
それでも、「活動に賛同するよ!」という方がいらっしゃいましたら、ぜひご協力をお願いしたいんです!

『おお!!ぜひカンパ協力するぞ!!』という方、
ネットからでしたら、こちら↓のサイトから、お申込をお願い致します。
http://charity-pot.org/project.php?methods=DEATIL&selectId=50

そして、「直接渡すよ^^」という方
「カンパ金引換券」を作りましたので、そちらを直接お渡ししますので、
こちら↓のページより、ご連絡ください。
http://namonaikizuna.net/?page_id=94


皆さんからお預かりしたカンパ金から、交通費と材料代、プール金を差し引いたお金を、仮設住宅へ義援金としてお渡しします。
そのお金は、日々仮設住宅で不足しているいろいろなものがを随時購入したり、これからの厳しい冬に備えて、布団や暖房器具などの購入費に充てて頂けるそうです。
震災からもうすぐ3年になりますが、最低でも震災から10年、たとえ地道であっても、被災地の応援活動を続けます、
そのためにも、ぜひご協力のほど、お願いしたいのです。

そして何より、お二人の幸せを、心からお祝いしたいです。
あの、大災害から約3年。
幸せの光を見つけたお二人をお祝いする事で、その幸せ感を、より大きく広げ、被災地の方々に勇気と希望が生まれればと、願ってやみません。
ほんとに小さくて地道な活動ではありますが、なにとぞ、よろしくお願い致します!


追伸1:もしカンパ金が目標金額の届かない場合でも、尾飛とヘアメイクさんだけは、必ず12月7日の結婚式に行きます。その場合、プール金、交通費、材料代を今以上に極力カットして、少しでも仮設住宅に義援金がお渡しできるように、善処します。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


被災地の子供達をオーストラリアへ!

2013/11/07 13:09
今年の夏、シドニーでお世話になりました、レインボープロジェクトの平野さんより、
「2014年シドニーホームステイ招待」の案内が届きました!

このプロジェクトは、被災地の子供達に、オーストラリアのシドニーにホームステイしてもらい、新しい体験を通じて次なる希望ある未来へ進んでもらおう!
というプロジェクトです。

素晴らしいです!^^

今回からは、このレインボーサイトよりオンラインでの申し込みが出来るようになったことですので、
周りに、被災された地域の子供達がいらっしゃる方をご存知でしたら、ぜひこの募集をご案内下さい。

この募集は、福島県には、限っておりませんので、東北被災の方でしたらどなたでも応募可能だそうです^^

レインボープロジェクトの公式サイトは↓こちらです!
http://jcsrainbow.com/

そして、募集チラシも、下記にアップしておきますね^^
よろしくお願いいたします!

画像


画像


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


お祝い音楽レクレーション!

2013/11/02 17:33
画像



『被災地のお祝いを 祝いに行こう!』
そんなシンプルな想いで、
今日、復興応援団「プロジェクト名もない絆」が新しい活動をスタートしました。

その名も「お祝い音楽レクレーション」
http://charity-pot.org/project.php?methods=DEATIL&selectId=50

**********

震災から間もなく3年。
それまで、復興応援ソング「名もない絆」を通じ、そしてたくさんの方々の多大なるご協力のもと、
地道に応援活動を行って参りました。
http://namonaikizuna.net/

同時に、その間様々な想いを、多くの方から受け取ってきました。

「アーティストとして、被災地の方に何ができるだろう。。。」
「被災地に行くには、時間も余裕もなくて、行きたくても行けないんです!><」
「皆さん東北に応援に来てくれるのはありがたいけれど、
  逆に東北の人たちの負担になってしまうんです。。」

など、本当に立場や環境、それまでの過程によっても、同じものでも、全く違う見え方になっていて、
本当にそれを一つの考えに集約させるのは、今現在でもとても難しいものです。

その結果
「どうやって、今後被災地を応援していけばいいか、わからない!
だから応援したくても、できない事がとても悔しいです!」
という想いになっている方が非常に多い事もわかりました。

*********

応援活動をするにあたり問題になるのが、

1:被災地では、「今」何が本当になのか、その情報が拾いきれない

2:応援に行く事が「売名行為」「自己満足」になってしまうのではないか、という不安との葛藤。

3:応援に行ったとしても、本当に必要な事ができているのかわからない。

4:被災地に行けないかわりに寄付をしようと思うが、3年経った今、被災地に必要なのがお金なのかがわからない。

5:応援活動を継続的に行うだけの資金と時間がない。

などなど、こういうご意見がとても多かったです。
私も、すべてに関して「そう思う!」と感じているひとりです。

ただ、この問題をそのままに、応援活動が息切れしてしまう、というのはやはり良くない。

なぜなら先日、被災地にお伺いした時、仮設住宅にお住まいのお母さん方に、こんな質問をしてみました。

「日本国内はもちろん、世界中には被災地を引き続き応援しよう!と思っている方が、たくさんいるんです。
その方々に、一番して欲しい事はなんですか?」

そして頂いた答え。
「被災地の事を、忘れないでいて欲しいです。
私たちは、今もまだ復興が進まず、苦しい状況が続いています。
道路がきれいになった事は復興した事ではありません。

けれど、世間ではまるで私たちの事は、まるでなかったように、ニュースも情報も、取り上げられなくなりました。

だからこそ、被災地の事を、今 忘れないでいて欲しいです。」

そう、皆さん 仮設住宅などにお住まいになりながら、孤独は疎外感と戦っています。
個人的な諸問題を放置して、応援活動が息切れしてしまったら、その孤独感はますます深刻なものになってしまいます。

逆にいえば、
「例えマスメディアが、被災地の事をとりあげなくても、私たちには世界中に応援団がいるんだ!」
と東北の方々が感じてくれたら、それはもしかしたら、強い勇気に変わるかもしれません。

そして、それは決して憶測ではなく、事実「勇気になる」という事を、私は仮設住宅で実感する事ができました。
間違いなく、皆様の応援活動は被災地のみなさんの「勇気」になっています。


******************

では、上記問題をどう解決するか。

約3年。ほんとに多くの方とお話をし、悩んだり嘆いたりしながら、今日までやってきました。

そして解決の糸口は3つある事に気づきました。
1:被災地から、応援団への応援のリクエストを頂けるようにする。
2:応援に伺う人は、被災地の方に「与える」ではなく、楽しい時間を「一緒に共有」する
3:寄付金が具体的に誰の何に使われるかが、事前に明確である。

これらを一発で解決する方法、それが
『被災地で開催される「お祝い」を、祝いに行こう!』

題して「お祝い音楽レクレーション」です^^


これまで色々な応援活動がありましたが、私が知る限り、全く新たな応援活動のようです。

どんな内容か、簡単にいいますと、

  1:仮設住宅での「お祝い事」に、ミュージシャンやアーティストが
    駆けつけて一緒にお祝いをしよう!
  2:大きな声で歌って、楽しく「カラオケ大会」や、
    「音楽レクレーション」をしよう!

という事。簡単ww


もう少し詳しく書きますね。
活動は以下の流れで進めています。

 1:仮設住宅より「お祝いにきて!」と依頼を受ける。
      ↓
 2:被災地を応援して下さる皆さんより、このサイトで寄付を募る。
      ↓
 3:集まった寄付からアーティスト達へ「交通費」と「材料費」
   だけ渡す。(食事代、ギャラなどはアーティストの自己負担)
      ↓
 4:アーティスト達が仮設住宅で「カラオケ大会!」や
  「お祝いイベント」開催。寄付金を、仮設住宅の皆さんに寄付する。
      ↓
 5:寄付をして下さった方々へ、結果報告

という事になります。

寄付金の内訳は、以下の通りにさせて頂きます。

<頂いた寄付金の。。>
40%=仮設住宅への寄付
10%=認定特定非営利活動法人 NPOカタリバへの寄付

40%=アーティストへの「交通費」と「材料費」
(食事代、ギャラ などはアーティスト自己負担)
10%=次回の「お祝い音楽レクリエーション」へのプール金

という内容です。

こうすれば、
☆被災地の方のニーズに応えられる。
☆アーティストの独りよがり&自己満足にならない。
☆寄付金が誰の為に使われるのか、非常に明確。
のすべてが満たされる!^^

如何でしょうか?

*****

実は早速!

12月7日宮城県の仮設住宅にて結婚式が行われます!
そして、「お祝い音楽レクレーション!きてちょうだい!」とリクエストを頂きました!!
ありがとうございます^^

いよいよ記念すべき第1回目がスタートです!!

そこで、皆さんにお願いがございます!

ぜひカンパ金をお願い致します!!!

一口1000円からで、今回の目標額は12万。
今回、尾飛は音楽演奏で行く予定ですが、できれば結婚式なので、ヘアメイクさんと、ウエディングドレスを持ってきたいんですね!

なので、その予算も含めて、今回少し高めの金額設定にさせて頂きました。
満額の場合、

被災地への寄付=48000円
NPOカタリバへの寄付=12000円
アーティストへの「交通費」と「材料費」=48000円(もう少し安くおさえるつもりですが。)
次回の「お祝い音楽レクリエーション」へのプール金=12000円

という感じになります。

『おお!!ぜひカンパ協力するぞ!!』という方、
ネットからでしたら、こちら↓のサイトから、お申込下さい!!
http://charity-pot.org/project.php?methods=DEATIL&selectId=50

そして、「直接渡すよ^^」という方
「カンパ金引換券」を作りましたので、そちらを直接お渡しします^^

最後に、この「お祝い音楽レクレーション」のチラシを作成しましたので、
ぜひ多くの方にお知らせ頂きたいです!

画像



仮設住宅から笑顔があふれるように頑張りますので、
ご協力のほどよろしくお願いいたします!
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1


復興応援ツアー報告

2013/10/02 11:30
8月9月と行ってきました、復興応援ツアーのレポートです!

<行き先/日程>
1:宮城県東松島(8月2日)
   ↓
2:ゴールドコーストinオーストラリア(8月8日)
   ↓
3:シドニーinオーストラリア(8月13日)
   ↓
4:宮城県東松島(9月22日)


<活動内容>
1:ブルーインパルス音頭レコーディング
2:お祭り準備のお手伝
3:被災地の現状レポート
4:世界中の名もない絆応援団との懸け橋「おのくん」
5:OZ音頭/名もない絆レコーディング
6:復興応援イベント「おどる」
7:福島の子供達のシドニーステイプログラム
8:被災地復興活動お手伝い(畑仕事)
9:仮設住宅でカラオケ教室
10:おのくんテーマソング制作
11:おのくんオーストラリア活動報告


<今回のツアーで私が一番感じた事>

すべてを失ってしまった心の傷に痛烈な痛みを感じながら、
「復興をしていこう!」という気持ちを維持する事は、想像以上に辛く苦しい。

仮設住宅に住める期間はたった『3年』。
今、震災から2年と半年。

線路一つすら直っていない状態で、
来年には住むところも失ってしまう精神的重圧は、計り知れないもの。

悪気のない一言であっても、そのプレッシャーの中で生活を余儀なくされている方々には、
「許せない一言」になってしまう事もあるくらい、非常に敏感で繊細な状況。

目の前に広がる「原っぱ」は、かつて多くの住宅が建っていた場所。
その「原っぱ」をみていると、東京で盛り上がっている「オリンピック」も、他の国の話しのよう。

自分たちだけ、「日本」という国から、切り離され、隔離され、とり残されいるのではないかという、不安と恐怖感。

でも、やっぱりそこからでも、立ち直っていこう!という勇気。

そして、その心を支えるのが、
「自分たちは、多くの方から 今でも応援してもらっているんだ!」という気持ち。
忘れられてない、という自信。

さらに、
「忘れてないですよ!ずっと応援していますよ!」という、国内外そして世界中から寄せられる力強い応援のエール。
その熱意と情熱が、いまでもしっかり続いているということ。

この震災による被害からの復興は、
技術や、プログラム、政策だけでは決してなしえない。

やはり一番大きな力は「絆」なんだ。

*****************


<レポート資料>
あまりに内容が多すぎるため、こちら↓のリンクにそれぞれのレポートをまとめました。

1:宮城県東松島1回目(8月2日)
https://www.dropbox.com/s/sx169ob0rzxch85/%E5%AE%AE%E5%9F%8E%E7%9C%8C%E6%9D%B1%E6%9D%BE%E5%B3%B6%E5%B8%82%20%E5%BE%A9%E8%88%88%E5%BF%9C%E6%8F%B4%E3%83%84%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88.pdf

2:ゴールドコースト&シドニーinオーストラリア
https://www.dropbox.com/s/au4hdotwojswee3/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%82%A2%E5%BE%A9%E8%88%88%E5%BF%9C%E6%8F%B4%E3%83%84%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88.pdf

3:宮城県東松島2回目(9月22日)
https://www.dropbox.com/s/2kfe5vpmvckpryz/%E5%AE%AE%E5%9F%8E%E7%9C%8C%E6%9D%B1%E6%9D%BE%E5%B3%B6%E5%B8%82%20%E5%BE%A9%E8%88%88%E5%BF%9C%E6%8F%B4%E3%83%84%E3%82%A2%E3%83%BC%EF%BC%92%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88.pdf

******************

本当に素晴らしい方々からの、大きなご協力によって、このツアーを終える事ができました。
心からお礼申し上げます!
どうもありがとうございました!!

そして、今回のツアーから新しいプログラムを始める事になりました。
それは、この後またブログで、紹介させて頂きます。

引き続き復興応援頑張ります。

そして復興応援ソング「名もない絆」に関連する一連の応援活動を一緒に動いてくれる方募集してます。
ご興味ある方、ご連絡ください^^
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ブルーインパルス音頭CD完成

2013/10/01 21:58
画像


もうひとつCD完成のお知らせ^^

宮城県東松島を中心に、復興活動の一環として制作を進めてきた
「ブルーインパルス音頭」
ですが、いよいよそのCDが完成しました!!

やった〜〜!!^^
ブルーインパルス音頭の詳細は↓こちらに書きました^^
http://conception.at.webry.info/201305/article_2.html


この「ブルーインパルス音頭」ちゃんと振り付けもあるんですよ。
http://www.youtube.com/watch?v=kmHNBOjoWWM


今年は、この「ブルーインパルス音頭」と
オーストラリアでの「OZ音頭」の制作と、とても音頭づくしだった訳ですが、
ほんとに楽しいですよねえ〜。
http://www.youtube.com/watch?v=w1wg1lYDSrE&list=PLySuNv_bxoHj99ECWT99jE6ekUcRyxZfl


実は今年もうひとつ音頭作ってるんですよ^^
これはまた機会があれば、アップしますね!

さて、この「ブルーインパルス音頭」のCD欲しい方は、直接ご連絡ください^^
直接詳細お伝えしますね!

引き続き応援頑張りましょう!

あ!
復興応援ソング「名もない絆」に関連する一連の応援活動を一緒に動いてくれる方募集してます。

ご興味ある方、ご連絡くださいね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「名もない絆」ブログ

尾飛楽曲ダウンロードは ↓こちら!
Yoshiyuki Obi

バナーを作成 「Diamond Voice」

「かくれ雪」PV!

「尾飛良幸「Starboard!」(Live)」

「尾飛良幸「夏の歌」(Live)」

Diamond Voice 名もない絆のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる