謹賀新年2015

あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。本年もよろしくお願い致します。

歌を上手にうたったり、話し方をしっかりさせる為には、日々の練習はとても重要です。
では、練習をすると、何が身につくのでしょうか?

私はいつもこう答えます。
「練習は『自分の癖に気づく習慣』を身につける為にする」

なぜあなたの声は、すぐにかれてしまうのでしょう。
どうして高い声が、でないのでしょう。
なんで気持ちよく声がでないのでしょう。

それには、それぞれ「うまくいかない癖」がある場合がほとんどです。
でもその癖に気づいている人というのは、ほぼいないんです。

面白いのは、レッスンの中でその癖を指摘すると
「そんな癖ありません!」
「そんな事してません!」
と、生徒さんに怒られますw

でも実際、歌っているところをビデオにとったり、声を録音すると、さすがに生徒のみなさんは納得してくれます。

それだけ、無意識に人間は色々余計な仕草や行動をしているんですね。
またそれは、子供の頃のトラウマや、家族が受け継いできた習慣だったりもします。

よく話しをしていて、言葉の最後に「うん」って言う方、あなたの周りでいませんか?
「いや~、今年は良い年にしたいんだよね~。うん」みたいに^^

あれ、ご本人は「うん」って言ってるつもりない場合が多いんです。
しかもその癖は、その方のご家族もやってたりします。
その家の伝統なんですね。
それと同じで、自分の声が気持ちよくだせない癖を、しらないうちにやってしまう。

その癖に自分で気づく最良の方法は、
「練習」です。

あとは、その練習の成果を、第三者にみてもらう事も非常に重要です。

私、尾飛にも癖あります。
歌ではありませんが、私は椅子に座っていると、知らないうちに、足の指をおりまげています。
自分では全く気づきませんでしたが、周りからみると、ちょっと変わった癖みたいですね^^

さて、2015年になりました。

今年こそは夢を叶えるぞ!目標達成するぞ!心入れ替えて、一生懸命努力するぞ!
と思っている方も、少なくないでしょう。

もしそういった想いがあるなら、逆に
「今まで夢や目標を 叶わなくさせていた癖」を、見つけてみてはいかがでしょうか?
悪い癖が改善されなければ、よい結果なかなかでないものです。
姿勢が悪い人が高い声を出そうとしても、姿勢を直さない限り声はでません。
それと同じですね。

話し方の癖
行動の仕方の癖
思考の仕方の癖
感情の反応の仕方の癖
などなど、観察してみると良さそうな部分は 結構あるものです。
参考になれば幸いです。

2015年が、全ての皆さんにとって、素晴らしい1年になります事、心からお祈り申し上げます。
本年も、よろしくお願い致します。


***********

~歌声で世界をつなぐ~
レッスン、プロモーション、音楽制作、すべてを行う音楽総合企業
(株)Diamond Music Tour
代表取締役 尾飛 良幸(小菅 良輔)
http://diamondmusictour.com